神戸支部長 弁護士 小林 優介のご紹介

神戸支部長 弁護士 小林 優介のご紹介

弁護士 小林 優介

親しみやすい、身近な弁護士でありたいと思います

神戸支部長

弁護士 小林 優介Yusuke Kobayashi

兵庫県弁護士会所属

神戸支部長 弁護士 小林 優介からのメッセージ

依頼者の方への報告・連絡・相談という基本的なことをしっかりするなど、依頼者の方から厚く信頼されるように業務に従事することを心がけています。

依頼者の方が別の弁護士に依頼している中で、弊所にセカンドオピニオン的にご相談されることも多いです。そのような中で、多く耳にするのが、弁護士から連絡が来ない、弁護士が何をしているか分からない、という現状への不安・不信であることが多く聞きます。

弁護士にとっては、数多くある案件の一つでも、依頼者の方にとっては人生の一大事であることも多いので、私は、その点を意識して、依頼者の方への報告・連絡・相談という基本的なことをしっかりし、依頼者の方の不安等を少しでも取り除けるようにできればと思っています。

弁護士と依頼者の方は、二人三脚で、依頼者の方の人生の一大事に立ち向かっていくので、当然、勝つことも重要ですが、何よりも信頼関係(弁護士としては信頼してもらえること)をしっかり構築出来るように、心がけています。

人となり

学生時代の部活

バスケットボール部

敬愛する歴史上の人物

織田信長、宮本武蔵

人生の目標

常に全力で挑み楽しむこと

座右の銘

為せば成る、為さねば成らぬ何事も
弁護士 小林 優介

経歴

  • 神戸大学
  • 立命館大学法科大学院

依頼者の方に喜んでいただけるかという点が働きがいを感じる一番の場面

仕事内容としては時には大変なこともありますが、その分、事件が解決したときに依頼者の方と分かち合う安堵感、解放感はとても心地よいものです。

弁護士としては、やはり、依頼者の方からは目の前の困った出来事、つまり事件を解決するためにご依頼をいただいています。弁護士としても、その事件を解決するために、あれこれ調べものをしたり、相手方と折衝をしたりしていくことになりますが、やはり、当事者の感情・心情面も大きく影響して、そうすんなり解決しないこともあります。

しかし、弁護士としては決して諦めず、依頼者の方と一緒に少しでも納得いく解決を求めて、あらゆる方策を模索していくのですが、それが成就した時、つまり、解決した時には、依頼者の方と一緒に大きな喜びを感じます。そのときこそ、弁護士としても、依頼者の方と二人三脚で頑張ってきて、良かったのだと実感します。

時には、泣いて喜んでいただけることもありますが、もらい泣きをしそうになることもあります。弁護士としては事件が解決したときにいかに依頼者の方に喜んでいただけるかという点が働きがいを感じる一番の場面なのではないかと思います。

私は、兵庫県で大学卒業まで暮らした他、司法修習についても神戸で行いました。人生の大部分を兵庫県で過ごしており、神戸についても神戸大学時、司法修習時に住んでいましたので、なじみ深い街です。

この神戸という街を良く知っている、何年も住んだことがあるということは、きっと皆様にとっての親しみやすさ、身近さにつながるものと思います。私自身も皆様にとって親しみやすい、身近な弁護士でありたいと思いますので、よろしくお願いします。

弁護士 小林 優介