有責配偶者等の主張に対して適切な反論を繰り返し、即時抗告までされたものの婚姻費用を獲得した事例

有責配偶者等の主張に対して適切な反論を繰り返し、
即時抗告までされたものの婚姻費用を獲得した事例

依頼者の属性
30代、女性、パート、子供有
相手の属性
30代、男性、会社員だったがその後休職を経て退職
受任内容
婚姻費用の獲得(離婚での依頼も有)
弁護士法人ALGに依頼した結果
婚姻費用 約12万円 約8万円
未払額約85万
まとまった額と毎月の生活費を請求

事案の概要

相手方からのモラハラ等で精神的に疲弊したご依頼者様が子供と一緒に自宅から出て行き、別居を開始する際、離婚に向けてどう動いて良いかを相談しに神戸法律事務所へ来られました。
ご依頼者様は、相手方と直接話すことも抵抗があり、精神的にも経済的にも参っておられたために、弁護士の介入の必要性を感じておられました

弁護方針・弁護士対応

神戸法律事務所の弁護士は、本件は離婚の協議と並行して婚姻費用を相手方からしっかり支払ってもらうべきと判断しました。
しかし、相手方は、別居の経緯等に納得がいかないということで、任意に婚姻費用を支払おうとしなかったので、婚姻費用分担調停を申し立てることとしました。
調停の中でも、相手方は、別居の原因はご依頼者様にあるなどと主張をして、婚姻費用の支払を拒否し続けておりました。さらに、相手方は、別居が原因でうつ病を発症したとして仕事を休業して、婚姻費用の支払をさらに拒むようになりました。
その結果、婚姻費用分担調停は不成立、そのまま審判手続となりました。
神戸法律事務所の弁護士は、別居の原因が相手方によるモラハラにあるという主張のほか、相手方の休業にあたってご依頼者様に責任はないこと、相手方に稼働能力があることなどを書面の中でしっかり主張しました。
そこで出た審判結果に対して、相手方は、別居が原因で発症したうつ病のために仕事を退職するに至ったとして即時抗告をしたものの、抗告審でも、神戸法律事務所の弁護士は、相手方の退職に当たってご依頼者様に責任はないことなどを書面の中で丁寧に主張しました。

弁護士法人ALG神戸法律事務所・離婚案件担当弁護士の活動及び解決結果

即時抗告を経て、

・相手方の退職に関わらず、ご依頼者様に毎月8万円の婚姻費用を支払うこと
・相手方が当方に未払の婚姻費用として約85万円を支払うこと

等の内容で解決に至りました。
ご依頼者様は、毎月の生活費も相手方から支払われずに日々大変な思いで生活されていましたが、婚姻費用としてまとまった額及び毎月の生活費を支払ってもらえて、とても安心していただけました。

離婚 解決事例一覧 離婚ページに戻る