貞操権侵害に基づく300万円の慰謝料の請求を、60万円まで減額して合意で解決した事例

貞操権侵害に基づく300万円の慰謝料の請求を、60万円まで減額して合意で解決した事例

依頼者の属性
40代
男性
会社員
既婚
相手の属性
30代
女性
会社員
受任内容
交渉
慰謝料の減額
弁護士法人ALGに依頼した結果
慰謝料 約300万円 約60万円 約240万円の減額

事案の概要

ご依頼者様は、既婚者であったものの、知人の紹介で知り合った相手方に対して、離婚済みであるなどと申し向けてしまい、その後交際が開始されました。
しかし、交際開始後1年半以上経過したところで、相手方は、ご依頼者様の態度を見て不信感を抱き、ご依頼者様の自宅近くまで訪れたことで、ご依頼者様が離婚しておらず、婚姻中であることが発覚してしまいました。
その後、相手方は、弁護士を介入させて、ご依頼者様に300万円もの慰謝料を請求しました。
そこで、ご依頼者様は、今後どのようにしていくべきか、専門家の必要性を感じられて相談に来られました。

弁護方針・弁護士対応

担当弁護士は、まずはご依頼者様のお話を丁寧に聞き取り、交際の開始や肉体関係を持った経緯等を聞き取ったところ、相手方もご依頼者様に好意を持っていたように思われ、また、交際期間も1年半以上ではあったものの長期とはいえず、また結婚の話も出ていなかったなどの点を交渉の際の駆け引きに用いるという方針にしました。
ただし、離婚済みであると虚偽の事実を告知して交際していた点については責任が生じるために、慰謝料の額をどれだけ減額できるかをご依頼者様とあらかじめ相談しました。
これらを踏まえて、担当弁護士は、慰謝料の減額という方針で交渉を進めていくことにしました。

弁護士法人ALG&Associates 神戸法律事務所・離婚案件担当弁護士の活動及び解決結果

交渉の過程では、慰謝料の額が大きな争点となったものの、相手方の請求する300万円という額は不相当に高額であったために、こちら側としては、まずは低めに見積もって30万円と提示しました。
その際、上記した交際期間が長期に及んでいない点や結婚をほのめかしていない点などを主張しました。

そうすると、相手方は、いきなり100万円程度まで主張額を減らしてきたために、もう少し減額できる考えて、最終的には、60万円の慰謝料で合意することができました。

ご依頼者様としては100万円程度は支払わないといけないのかと考えておられ、また、妻や子にあまり知られずに交渉を進めたいということでしたので、慰謝料の減額も達成でき、また、弁護士が窓口となって交渉を進められたために、ご依頼者様に大変ご満足いただける解決ができました。

離婚 解決事例一覧 離婚ページに戻る